【絶対にときめいてはいけない】最新話 ネタバレ&感想 5巻17話【兄と弟】

絶対にときめいてはいけない5巻17話 絶対にときめいてはいけない

絶対にときめいてはいけない5巻17話

最新刊の購入はこちら

デザート(Dessart)収録【絶対にときめいてはいけない】築島治(著)5巻17話のあらすじ&感想です。

↓↓↓↓ネタバレ注意↓↓↓↓

スポンサーリンク

絶対にときめいてはいけない♡17話(ネタバレ注意)

キスされた翌朝。

楓とキスした 夢? じゃない あれはどういう意味? 楓はもしかしてあたしのこと・・

翌朝目を冷ますと楓がいない事を確認してトイレへと向かうさくら。

さくら「ずっと避けてるわけにもいかないしな・・・」

”おまえのこと女子に見えるって言ったよな”

あのあとなんて言うつもりだったんだろう・・

 

さくらが顔を洗う為に洗面所へ入ると、そこには上半身裸の男が!

さくら「きゃああぁぁぁぁぁぁぁぁ」

リビングにて

父「さくらちゃん驚かせて悪かったね。僕の息子で楓の兄の葵って言うんだ」

母「お母さんが紅茶こぼしちゃって着替えてもらってたのよ」

 

楓のお兄さん・・・?そういえばまえに聞いたことあったな・・でもなんでうちに?

 

なにやらお兄さんは財布を落としちゃって、その中に鍵も入れてたから下宿先にも帰れず、お金を借りにきた様子。

明るく、楓とは正反対な感じの兄。

 

大家さんが旅行中でいないらしく、実家帰るまではネカフェでもどこでも行くという兄に、”そんなことさせられない”と母が言い、しばらく泊まらせる事に。

キッチンでお茶を淹れようとしていると楓と鉢合わせしたさくら。

さくらの頭の中は昨日の事でいっぱいです。

 

さくら・楓「昨日のことなんだけど」

楓「・・・・昨日はごめん さくらの気持ちも考えずに 俺 最低だった」

「けど、困らせるのわかってるけど 俺・・・」

 

葵「水もらっていい?」

楓「続き・・葵が帰ったら話す」

 

部屋にもどったさくら。

 

びっくりしたー!!好きって言われるのかと思った!いやそうと決まったわけじゃないけど。でも ねぇ あんな(キスまでして)

だけど本当にそう言われたらどうしよう あたしどうしたいんだろう そもそもあたし楓のことどう思ってるの?

 

昨日のキスを思い出すさくら

 

嫌じゃなかっ・・・・わー今のなし!!待って待って この思考はまずいって!!

 

さくらがリビングのソファに座ってると

葵「なんかさあ ”お兄さん”て響きいいよね もう1回言って」

さくら「お兄さん・・・?(汗)」

 

葵さんて本当に楓と真逆だなあなんて思っているとそこへ楓が来て

楓「調子にのるな お前の妹じゃないだろ」

葵「えー 弟の姉なら俺の妹じゃん 問題ないじゃん」

 

楓「なにが問題ないだ!」

葵「だっておまえは呼んでくれないし」

楓「なに恥ずかしいこと言ってんだ!」

 

葵がいるおかげで気が紛れているさくらでしたが、目が合うとお互いにそらしてしまう2人。

 

楓の部屋にて。

葵「おまえとさくらちゃんてなにかあったの?」

目も合わさず妙にぎこちない2人をみて楓が告白してふられたんじゃないかと勘ぐる葵。

 

楓「ばかなこと言うな」

葵「俺だったらあんな子と暮らしてたらすぐ好きになるけどね」

 

可愛いとおもったことないかとかしつこく聞いてくる葵に”家族なのにそんなこと言えるわけないだろ”と一蹴り。

 

葵「本当の姉弟じゃないんだからいいんじゃね?でないと他のやつにとられるかもよ?」

 

翌日、羽多野くんに初詣に誘われたさくら

家に居づらくて誘いに乗っかっちゃった。

自分の家なのに落ち着かないってどうなんだ・・・・

 

外を歩いていると声をかけてきた葵。どこにいくのか聞く葵に羽多野くんに初詣に誘われた事や、楓とのうわさをなくすために付き合ってるフリをしている事を話しました。

葵「そいつ君のこと好きなんじゃない?」

それは”ない”と前にフラれた事を話すさくら。

葵「今から会う彼絶対君のこと好きだよ 俺 そういうのは外さないから」

 

あたし・・・?

 

待ち合わせ場所についたさくら。

羽多野くんは周りの女の子からも騒がれていて、やっぱりすごいなと実感します。

こんな人があたし・・とかまさかとは思いつつも一応聞いてみようかと決心します。

 

さくら「あのね 羽多野くんて好きな人いる?」

羽多野「好きな人?・・・・いるよ」

 

それを聞いて葵が言ってたことは気のせいでよかったと思うさくらでしたが、よく考えると付き合ってるフリするのは好きな人に誤解されるからまずくないかと焦るさくら。

協力したいと言うさくらに”俺全然意識されてないから”と話す羽多野くん。

ときどきすごく自信なさそうな顔をする羽多野くんがどうしてなのかきになるさくら。

 

さくら「もっと自信持っていいと思うけどな 羽多野くんやさしいしいい人だし」

羽多野くん「さくらちゃんからは俺ってどう見える?」

さくら「すごくかっこいいと思うよ」

見た目のこと言われるのが苦手な羽多野くんにこんなこと言ってしまってすごく慌てるさくら。

 

羽多野くん「じゃあ試させてくれる?」

さくら「え?」

羽多野くん「俺のこと男として意識してもらえるかどうか」

「さくらちゃんのこと抱きしめていい?」

 

そういうことは好きな人にしないと!と動揺して慌てるさくらに”でも協力してくれるって言ったよ?”と話す羽多野くん。

 

なんでこんなことになったんだっけ?

 

さくら「あの 協力するとは言ったけどこういう類のことはこれで最後だからね」

羽多野くん「わかった」

さくら「じ じゃあ どうぞ><」

 

さくらをそっと抱き寄せる羽多野くん。

 

どうしよう 緊張する・・

 

羽多野くん「そんな硬くならないで俺も緊張するから お願いだから力抜いて じゃなきゃずっと離せなくなるよ?」

 

羽多野くん「さくらちゃん どきどきする?」

 

なんでこの人いつもいい匂いするんだろう

楓とは違う匂い

 

つづく

絶対にときめいてはいけない♡17話の感想

絶対にときめいてはいけないという作品名でありながら”毎回絶対にときめいてしまう”漫画w

今回も羽多野くんの抱きしめ方にドキドキした17話でした!!

これからお兄さんと3人での関わりでどう関係性が変わって行くのか楽しみですが、『もう羽多野くんでいいじゃん!!』と思ったり、やっぱ楓もいいと思ったり複雑な気持ちです///

羽多野くんは最初の印象がすごく悪かったですが、さくらの事をちゃんと理解してから誤解が解け、ものすごく毎回優しいですよねー・・。

あんなイケメンがフリーだなんて信じられない!!!という感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました