【アシガール】最新話 ネタバレ&感想 13巻87話【ご正室の務め】

アシガール87話ネタバレ アシガール

前回、再び足軽となって若君と一緒に戦場へついて行きたいと話した唯でしたが、唯の事を守りたい若君は本気で怒っちゃいましたね。

大事な妻をそんな場所へは連れていけない気持ちわかります。

正室として夫を見送りましたが、このまま黙って待っているとはとてもおもえませんw

そんな唯ですが、どうなるのでしょうか・・・。

では・・アシガール新章、87話のあらすじです!!!(о´∀`о)

↓↓↓↓ネタバレ注意↓↓↓↓

スポンサーリンク

アシガール87話♡(ネタバレ注意)

若君「行ってくる」

唯「あっ・・・あなたああああああ!!」

 

隣人A「あら ご主人 出張?」

唯「いんや いくさでごわす」

 

↑夢!?の話から始まった87話

 

つゆ「もうよろしいのでございますか?

唯「うん なんか胸がつまって・・・

つゆ「奥方様・・・

 

だって 若君が出陣してから今日でもう十五日 半月だよ

”案ずることはない 味方は御月の2千と志喜殿の率いる織田の二千で四千”

”村上城に立てこもる室屋の兵は三百と聞く おそらくすぐにも降伏しよう”

って言ってたのに・・・何やってんですかー

 

渡瀬「唯様

だらーっとしてたけど渡瀬からの呼びかけにびしっと襟を正す唯

唯「はい!!

 

渡瀬「お方様がお呼びにございます

唯「母上様が?

 

部屋へ向かうと廊下にまで笑い声が漏れています。

 

なんかめっちゃ明るい空気

 

母上様「殿が申されたのじゃ 宗鶴のおらぬ村上城はさぞ暗かろうの と

藤尾「また 左様なことを

侍女「まぁ ホホホ

御月の侍女「??

 

母上様「おお そうじゃ 御月の者たちは知らぬことであったな

高山宗鶴殿はお髪が禿げあがっておつむりが光っておられるそうな

侍女「ホホホ

御月の侍女「まあ!

母上様「明かりがなくてお困りでしょう

 

”誰より気丈に振る舞い残された者たちを慰め 励ますのがご正室としての務めであろう”

そういったおふくろ様の言葉を思い出した唯。

 

そうか さすが母上様 それでみんなを笑わせようとしてるのか(宗鶴のはげネタで)

 

母上様「おお 唯殿か よう来られた ここへ

唯「はい

あ 阿湖姫

 

阿湖姫も健気に笑ってるし てっきり仏間に引きこもって泣いてるかと思ったのに

 

唯「元気?

阿湖姫「はい

 

やっぱり戦国の女は覚悟が違うのかな

 

藤尾「唯様には 近頃はめずらしく 奥で静かにお暮らしとか

唯「あー すみません・・・

母上様「無理もない お二人とも夫の初めての出陣じゃ

されど小垣より良い知らせじゃ 実はこれほどお戻りが遅いのには理由がありました

村上城に立てこもる室屋と申す者 手勢は三百なれど 城の民 百姓を女子や童まで城門の内に引き込み 盾としておるそうじゃ

 

唯「えー!!なんて卑怯なやつ!!

 

母上様「急いて攻めては酷いことになろう 恨みも残る

それ故 今まで降伏するようにと説いておられたそうじゃ

 

唯「それで どーなったんですか?

母上様「室屋もようやく降伏し城を明け渡すと申して来たそうじゃ

今日か明日にも村上城に入られよう

あと数日じゃ 明後日の十五夜の月は共に眺めることが’できるやもしれぬ

 

その夜、縁側にて

そうか 良かったー!!あと3日で会える!!

若君と唯

そう思いながら若君に抱かれてる夜を思い出す唯。

 

はっ(我に返った) ぐああああ!!

何考えてんの!!夫はまだ戦場なのに!!さすが人妻や エッチな奥さんや

 

縁側でくつろいでた唯は表がなにやら騒がしい事に気づきました。

 

唯「渡瀬ー!! 表が騒がしいけど何かあったの?

渡瀬「さあ 唯様がお気にされることではございません

さ そろそろ 御寝なされませ

 

唯「でも

 

つゆ「奥方様

何やら急な知らせのようにございます

唯「こんな時間に? まさかっ 小垣でなにかっ・・・

 

渡瀬「唯様!

行ってはなりません!!

 

唯「ちょっとだけ

渡瀬「なりません!!

 

つゆ「奥方様 打掛けを

唯「おっ サンキュ ちょっと行ってみる

渡瀬「つゆ!!💢

天野家屋敷にて

天野信近「何事か

家臣「これなるは 背平村の庄屋 三郎兵衛と平助にございます

さっきの話 今一度 天野様に申し上げよ

 

三朗兵衛「この平助はひと月ほど前 村上城下をたずねたおり 運悪く捕らえられ 閉じ込められており 一昨日の夜 隙を見て抜け出し つい先ほど戻って参りました

平助「へえ わしはあの夜 どこかに抜け道はねえかと歩き回っておりました

いつの間にか 奥の屋敷の庭に入り込んだようで 話が聞こえました

 

男「なにっ だまし討ち?

室屋「そうじゃ のこのこ城を受け取りに来たところを討ち取ってやるわ

 

男「左様なことをすれば一気に攻め込まれる

室屋「ふん 同じことよ

降伏したところで相手は信長じゃ 生きのびる道はない

倅の方を生け捕って人質にすれば 御月家を思うままに動かせよう

 

天野信近「!!

誰ぞ!!小垣へ早馬を!!急げ!!

 

三朗兵衛「申し訳ございません

こやつめ まっすぐ小垣へ知らせに走ればよかったのでございますが お殿様が小垣城にご出陣されておると知らずに

天野信近「いや よう知らせてくれた

 

三朗兵衛「ああ・・・天野殿・・・

小垣までは街道を馬で駆けても1日半はかかりますぞ 今から知らせに向かっても もはや手遅れではございませぬか

天野信近「慌てるな 我らの役目はこの城の守備 いよいよ堅く城を守り 知らせを待つだけじゃ

 

御月家家臣「天野様 私に考えがございます

天野信近「うん 申してみよ

 

御月家家臣「馬では通れませぬが 緑川を渡り 古見原を抜けて小垣へ行けば半日ほどは早く着くかと

天野信近「なにっ 近道があるのか

三朗兵衛「この柿一惣左衛門は御月家一の健脚にござる

なれど惣左 古見原は竹藪や湿原ばかりで道もないが

 

御月家家臣「その儀ならば 私は何度か通っておりますゆえ心得ておりまする

三朗兵衛「よし ならば久蔵と共にただちに発て

御月家家臣「はっ

 

唯「待って下さい!

父上 私も行かせて下さい

 

天野信近「唯之助っ ・・・様

 

唯「一刻を争うなら私が行くのが一番いいと思います

天野信近「・・・いや そうは参りませぬ 以前とは違いまする

こなた様は今や御月家ご嫡男のご正室 か様なことをさせては この信近若君にも殿にも申しわけが立ちませぬ

・・・・・と申したところで行くのであろうの

唯「はい!

 

御月家家臣「お待ちください 恐れながらそれはご遠慮いただきたい

奥方様が遅れられれば 我らの足も止まりまする

 

天野信近「それはない

 

唯「とにかく!もめてる暇はないんで 先に出発して下さい あとから追いかけますから

 

小垣への準備へ

唯「渡瀬 私の足軽装備どこ

部屋へ戻ると渡瀬とつゆが足軽装備をすでに準備して待っていました。

 

唯「え・・これ?

渡瀬「以前お召しの物はあちこちに破れがありましたのでつゆと2人で縫うておきました

唯「渡瀬 つゆ ありがとう

渡瀬「唯様のこと いずれか様のこともあろうかと

 

唯「若君 待ってて 絶対間に合ってみせる!!

シャ!!

 

つゆ「どうか・・・どうかご無事で・・(涙)

渡瀬「・・・・

 

御月家家臣「惣左 か様に急いで・・奥方様を待たぬでもよいのか

御月家家臣(惣左)「奥方様の同行など迷惑千万

先に川を渡ってしまおう 舟がなければあきらめてお戻りになろう

御月家家臣「なるほどそれもそう

 

唯「あー ごめんなさーい

待っててくれたんですね

 

唯の足の速さに驚愕する2人。

 

唯「さあここからは全力で行きましょう

 

続く

アシガール♡87話の感想

今回のネタバレ記事ですが27日に風邪を引いてしまい寝込んでいたため遅くなってしまいました><

楽しみにしてくれている方もいらっしゃるのにすみませんでした💦

やっと新章スタート時の謎がとけましたね!

今回扉絵が若君のスーツ姿という事でめちゃかっこよかったです!!!

縁側で若君との夜を思い出している唯でしたが、あんなにかっこよかったらそりゃ思い出したくもなりますよね!!私にもくださいww

アシガールのネタバレ記事のまとめ

コメント

  1. tsukitsuki より:

    扉絵、超かわいいですねー!唯!

    思い出し若君、素敵すぎるー!

    • mio mio より:

      扉絵めちゃかわいいですよね><
      若君かっこよすぎて思い出すのもすごくわかるww

      コメントありがとうございます❤️

タイトルとURLをコピーしました