【アシガール】最新話 ネタバレ&感想 13巻85話【織田家からの使者】

アシガール13巻 アシガール

成之と阿湖姫の婚礼が執り行われ、幸せムード前回の御月家でしたがなにやら不穏な空気も漂って来ている様子。

織田からの使者はなにを伝えにくるのか、御月家はどうなってしまうのか・・・必見です。

では・・アシガール新章、85話のあらすじです!!!(о´∀`о)

↓↓↓↓ネタバレ注意↓↓↓↓

スポンサーリンク

アシガール85話♡(ネタバレ注意)

アシガール85話

天野信近近々 織田家より参る使者は 志喜正綱と申すなかなかの切れ者だそうにございます

忠永「ふん

清永

若君はい

忠永戦はせぬ 城も守ると申すが 降伏をすすめに来るのであればいかがするのじゃ

 

若君・・・まずはこちらの意向を探りに来るものと考えますが

忠永わからぬではないか 即刻 開城せよと言われれば何とする

拒めば戦は避けられまい

 

若君それは・・・・

 

成之そのことにござりますが 当家として受け入れ難い条件であれば聞かぬことです

 

忠永なるほど 使者を追い返すか

それも良いが やはり戦になるの

 

成之ここは先代である 楽安寺の御隠居様にお出ましいただき 城主として使者に会うていただくが良いかと

 

天野信近晴永様に!?

忠永義父上に?

 

忠永使者に会うて 何をせよと申すのじゃ

成之何も ・・・・ただ お年もお年でござりまするゆえ少々お耳が遠くなっておられても致し方ないかと

 

忠永何じゃと!?

 

若君ハハハハ

それは良い! さすが兄上じゃ

 

成之いえ

 

天野信近いや しかし

左様な策でよろしゅうござりますので?

 

忠永と 言うて他に手はなし

そのくらい相手を喰うてかかる方が良いやもしれぬ

すぐさま楽安寺に使いを

 

その先代御月晴永は 忠永に家督を譲ると その日のうちに十九歳の側室お五と楽安寺裏の別邸にひき移っていた

 

唯と若君食事中にて

え?

そんなことになってたんですか?

 

若君うん

 

あー どうりで

家督を譲るのめっちゃ嬉しそうでしたもんね

でも 十九歳て・・・なに考えてんですか あのおじーちゃん

 

若君ま そー申すな 祖父様も正室を亡くされて何年もたつのじゃ

 

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜

正室が亡くなったら50も年下の側室って
若君的にアリなんだー・・・

 

若君と目があう唯

 

若君あきれたじーちゃんじゃの

・・・・・・

 

若君はやっぱり戦国生まれだから側室に対する考え方が少しゆるい気がする

 

シャッ!!

長生きせにゃ!!

 

おかわりください

つゆ(侍女)はい

 

ねえ 渡瀬とつゆもお膳持って来て一緒に食べればいいのに

若君

ハハハ それは良いの

 

渡瀬とんでもございません💢」

つゆよろしいのでございますか?

渡瀬つゆ!!💢💢💢」

 

渡瀬そもそも そのように御膳を並べられて向かい合うて召し上がるなど 見たことも聞いたこともございません

下々の家ならばともかく お城の若君様と奥方様がその様なこと

聞こえの良いものではございません

 

若君まったく 口うるさいのう 渡瀬は

奥方の食べっぷりを見ると飯がうまいのじゃ

 

渡瀬・・・はぁ 左様で・・・

 

織田家からの使者

そうこうしてるうちに・・・

 

志喜織田家家臣 志喜正綱にござりまする

晴永おお 志喜殿か!! よう参られた待ちくたびれましたぞ

 

志喜・・・これは 痛み入りまする

 

晴永我が御月家は信長殿の陳列に加わり天下泰平のため粉骨砕身してお助けする所存じゃ

志喜なんと!

では 我らに恭順して織田の家中に入られると・・・

晴永ん?

左様左様 この緑合に御月家のある限りこの先の敵は決して尾張へは通さぬ

 

志喜・・・・・

なるほど 「緑合にある限り」と

 

志喜されば もし それがしが即刻城を明け渡せと申し上げましたらいかがなさるご所存・・・

晴永ん?

左様 左様 無論のことじゃ

織田殿のお呼びとあればこの緑合より何処へなりと

志喜・・・・・

 

晴永いやいや さすがにこの晴永はこのとおりの年寄り

されど倅と孫たちがただちに のう忠永

 

忠永はい

父の申すこと間違いござらぬ

お呼びとあらばこの緑合より父子うち揃うて馳せ参じまする

左様 織田殿にお伝え下され

 

志喜それは頼もしいかぎり かたじけのうござりまする

我が殿もさぞやお喜びになりましょう

 

晴永さ・・・左様・・・か

それは・・・めでたい

では これにて 志喜殿 お役目ご苦労にござった

 

 

志喜・・・・・清永殿

若君はい

志喜なるほど・・・あのようにお耳の遠いご当主ではまともに話も進みませぬな

若君それは申し訳も・・・

 

志喜されど・・・いつまでもかような茶番が通じる我が殿ではありませぬぞ

よくよく心得おられよ

せめて・・・清永殿 そこもとの本心をこの正綱にお聞かせ願えまいか

 

若君志喜殿は戦のない世を見たいと思われぬか?

 

志喜それは・・・無論 いやしかしそれがどのような世なのか・・・

 

若君わしは戦のない世を皆にみせてやりたい

ただそれだけにござる

 

志喜・・・・・ふむ

我が殿には「和睦は なった」とだけ申し上げましょう

 

 

成之やれやれ 話のわかる御仁で助かりましたな

若君されど 信長がどう出るかは全くわからぬ

 

成之若君

織田信長とはそれほど怖れねばならぬ相手なので?

若君・・・わからぬ さほどではないかもしれぬ 今は・・・

成之

 

 

だが 信長の生涯を知ればこの先成すことを知っておれば やはり・・・・

 

 

唯の元にて

それじゃ いよいよ信長が近づいてる感じっぽいですか?

若君うん

 

ひゃー なんかワクワクブルブルのワクブルですね

若君わくわく?

 

だってやっぱり織田信長っていえば日本史では一番のアイドルじゃないですか

あ でも全然怖くなくてチマっとした顔のおっさんだったらちょっとがっかりですよねー

若君・・・いや 今はまだおっさんという年ではあるまい

今年で確か・・・・

 

なにやらハッとした表情をする若君

 

若君唯 まことによう喰う奥方じゃの」ハハハ

 

ひとまず じーちゃん耳遠いねん作戦はバレバレだったけど どうやらうまくいった

というか信長は眼前の敵 美濃との城取り合戦に忙しく 今のところ 緑合を攻める気など全くなかったのだ

 

織田家にて

正綱 大義!

 

信長あの地に味方ができるのは都合がよい

志喜はっ

御月家は父子三代いずれもなかなかの武将で 家臣の中にも良い面構えの者がおりました

 

信長一度会いたいが わしはまたしばらく城を空けることになろう

それじゃ 正綱 その方御月父子と共に村上城を攻めてみるか

 

志喜おおっ お任せくださりまするか

ありがたく存じまする

信長それで御月勢の力も計れよう

志喜なるほど 川の水が引き次第ただちに

 

とはいえ世は乱世 御月家だけ戦をせずに生き残れるはずもない

 

アシガール♡85話の感想

今回は急用の為ネタバレ記事を書くのが大幅に遅れてしまいました💦

85話ですが主に織田家の使者のお話でした。

唯と若君のいちゃいちゃはあまり見られなかったんですが、織田家の使者もなかなか頭の切れる人みたいでなんだか雲行きが怪しくなってきました。

新章はじまってすぐに唯が山を駆けていたのを考えると今後なんらかの戦に巻き込まれるのかもしれません・・・。

来月のネタバレは即座に更新予定です!

アシガールのネタバレ記事のまとめ

コメント

  1. […] 【アシガール】最新話 ネタバレ&感想 13巻85話【織田家からの使者】 購入… […]

タイトルとURLをコピーしました